施工事例

某県立高等学校体育館

全体写真

某高等学校からご依頼を受け、体育館のメインスピーカーの改修工事を行いました。
当初は故障により片方のスピーカーから音が出ないとのことで、修理対応をさせて
頂く予定でした。しかしながら、年代物のスピーカーであったため、どの程度再生
できるかのデモを行い、新規のスピーカーとアンプを納入する運びとなりました。

スピーカーには、最大音圧レベル129dB SPL(1m、Peak)・再生周波数帯域が
34Hz-20kHzを有するヤマハ2ウェイラウドスピーカー「CZR15」をLRで1本ずつ
パワーアンプには親和性の高い同社の「PX10」を納めました。




作業内容

スピーカー撤去 / 設置
アンプ撤去 / 設置
スピーカー保護用ネット設置
スピーカーケーブル用配管
スピーカーケーブル張替
スピーカー落下防止用ワイヤー取付
端末処理



スピーカー保護用ネット

体育館は朝礼や文化祭、入学式・卒業式だけではなく日頃の部活動でも
利用されます。

バスケットボールやバレーボール等の衝撃がスピーカーに加わることで
スピーカーの落下、スピーカーの振り角度が変わる恐れがあることから
CZR15専用のスピーカー保護用ネットを設計し、取り付けを行いました。



スピーカーの音質調整

設置する部屋の形状(体育館)によりスピーカーの音質が異なります。
折角良いスピーカーを設置しても音質を測定 / 調整しなければ十分な
性能を発揮できません。

こちらの体育館の設備には、グラフィックイコライザー(音質調整用
の機器)が改修前から入っていたため、測定後これを活用して調整を
行いました。





設置機器一覧

・スピーカー「CZR15」(YAMAHA)x2
・パワーアンプ「PX10」(YAMAHA)x1
・スピーカー用防球ガード「特型」(digicom)x2

グラフィックイコライザー

PAGETOP